夏の熱中症対策!対策と予防とは

夏の暑い時期になってくると気をつけたいのが熱中症。特に今年は猛暑と言われています。どのような症状になったら危ないのかどうして熱中症になるのか今回は熱中症のメカニズムをご紹介します。
熱中症の症状とは
運動や食事をすることによって人間の体は熱が発生します。熱が生じることによって体温調節の機能が働きます。
しかし暑すぎる環境に長時間いると体温調節する機能がおかしくなってしまい、熱がこもってしまうことになります。
すると水分や塩分が奪われ、めまい、顔のほてり、筋肉痛、ふらつき、呼びかけに反応しないなどの症状が見られるようになります。このような症状になっていたら熱中症の危険がありますのですぐに対策をとりましょう。
熱中症対策とは
暑くなる予報が出ている日は通気性の良い服を着て、こまめに水分補給をしましょう。
熱中症対策には塩分の入ってるスポーツドリンクがお勧めです。
加えて体調整え日ごろから汗をかく習慣をつけておくと熱中症になりにくくなりますよ。
なってしまったときの応急処置
すずしい場所に移動し衣服を緩め体を冷やします。
スポーツドリンク等で少しずつ数回に分けて水分補給をし、痙攣があったり意識がハッキリしない場合はすぐに救急車を呼びましょう。
いかがでしたか?
この対策で熱中症予防をしっかりしましょう。